〜自分基準をつくる〜 自分にとって〈大切なものは何か〉を知る3つの方法

ホテルの中庭の廊下
こんにちは!溝端マリです。
ブランディングとデザインで、事業主様の世界観づくり・ファンづくりをサポートしています。

先日、「自分にとって大切なものが何か、わからないのが悩み」と言われました。

仕事はとっても大切だけど
仕事をする上で特に大事にしていることを
聞かれても、これといって思いつかないんです。

経営者さんって結構自分の指針を持っていますよね
あれってすごいなって。
家族はもちろん大切には違いないけど
夫とは同志みたいな関係だし・・・
人生にとって大切なもの? その質問、難しすぎます。

 

あなたにとって、

  • 日々の暮らしに大切なものは何でしょうか?
  • 仕事をする上で大切なものは何でしょうか?
  • 人生にとって大切なものは何でしょうか?

この「自分の大切なものが何か」の視点は、自分の基準となるもの。
ぶれないでいるためにも、言葉にしておくことをお勧めします^^

特に、ビジネスをしていらっしゃる方には「仕事をする上で大切なものは何か?」の基準があると

  • 仕事を引き受けるかどうか
  • 優先すべきはなにか

の基準にもなりますね。
判断基準ができるので、素早い判断が必要になった時にも役立ちます。

別の経営者さんにも「大切にしていること10ケ条があるといいですよ」とお話ししたところです。

日々を慌ただしく過ごしていると、ここに気がつかずに過ぎてしまっているのかもしれません。度々、お話しに出るので、まとめてみました。起業家や事業主さんのセルフブランディングにも大切な視点です。

〜自分基準をつくる〜自分にとって大切なものは何かを知る3つの方法 を以下に記載します。

 

1、自分と向き合う時間を大事にする

自分にとって何が心地いいか、何がワクワクするか?毎日は選択の連続ですよね。
  • どこに行くか
  • 誰と一緒に過ごすか
  • 何を食べるか
  • いつ実行するか
これらを
  • 「自分が本当に望んでいることだろうか?」
  • 「自分にとってもっと心地いい状態は何か?」
  • 「心の底から、楽しい、安心する、大切だと言えるだろうか」

と、ひとつひとつの日々の選択に対して、自問自答してみるといいですね。当たり前過ぎて、自分に問うことを忘れているかもしれません。それでも自分と向き合い自分に質問することを習慣にすると、自分にとって〈大切なもの〉の基準が少しずつ見えてきます。

自分のことは、自分が一番見えにくいと言われます。一人だと見えにくい時は、他者との〈違い〉を見つけましょう。

PCにタイピングしている手元

 

 

2、誰かと接することで感じる、共感や違和感をキャッチする

誰かの考えや想い・行動に共感するとき、
  • どの部分に共感しているのか、なぜ共感しているのかに向き合うこと、

同じく誰かの考えや想い・行動に違和感を感じるとき、

  • どの部分に違和感を感じているのか、なぜ違和感を感じているのか

に向き合うこと。

そしてどちらも〈言語化〉しておくと、自分の共感ポイントと、違和感のポイントが見えてきて今後の指針になります。

特に「なぜ」感じるのか?の「なぜ」の部分は自分なりに〈言語化〉しておくといいです。

日々、何気なく感じる特に違和感は、慌ただしさの中では過ぎ去ってしまいます。ぜひ言葉にして残しておきたいですね。

 

▼アウトプットの重要性についてはこちらの記事もご覧ください。

カフェで3人でミーティングしている

 

 

3、いつもと違う環境に身を置いてみる

人は同じ環境の中にずっといると、出会う人も、会話する内容も、繰り返されることがらも同じで日々に変化がないので、共感も違和感も感じにくくなります。

同じ環境の中に身を置いて、同じことの繰り返しの毎日では、自分にとって大切なものは何かは見えてきません。
  • いつもと違う場所に出かけてみる
  • 日頃出会わない人に会いにいってみる
  • 違う世界に飛び込んでみるなど

ぜひ、違う環境に身を置いて、日頃 出会わない人に出会ってみてくださいね。

 

自分を客観視するヒントが欲しい起業家や事業主さんへ。
【公式LINEアカウント】では、お友達登録と同時に「印象を整えて、理想のお客様を引き寄せる~印象バランスグラフと5つの質問ワークシート~」をプレゼントしています!ぜひお受け取りください。

LINEアイコン

 

カフェでミーティングしている様子

まとめ

さて、起業家や事業主の方にも大切にしてほしい、「〜自分基準をつくる〜自分にとって大切なものは何かを知る3つの方法」を記載しました。

1、自分と向き合う時間を大事にする

2、誰かと接することで感じる、共感や違和感をキャッチする
3、いつもと違う環境に身を置いてみる

自分の心の声を聴くことを大切に、そして習慣にしておかなくては、自分にとって大切なものは何か、はなかなか見えてこないもの。

特に、学校や職場などで過ごす時間が長いと、みんなと同じがいいとされる社会の中では、自分の心の声や小さな違和感を
キャッチしにくいですよね。

  • 自分は本当にこれを望んでいるだろうか
  • これは本当にやりたいことだろうか

と、問いつづける中から〈大切なものは何か〉のヒントが得られると思います。

 

ひとり起業家や事業主さんのための考え方やマインドセットは、ブランディングのお話しとともに、無料メール講座でも深くお伝えしています。ぜひご登録ください。

 

ぜひ自分基準を設けて、ビジネスだけではない、ご自身の活動の指針にしていただければと思います。あなたの活動に、自分の軸ができて共感する方が集まりますように^^

溝端マリ

 

 

起業家や事業主さんへ、セルフブランディングのヒントをメールでお届けしています!
▼無料メール講座にぜひご登録ください。

神戸大丸の横を歩く溝端マリ
【無料メール講座】
理想のお客様が自然と集まる、
ビジュアル・ブランディングのための〈写真活用〉
7つのレシピ

1日目:強いメッセージを届ける2つの要素
2日目:女性の心をぎゅっとつかむ写真の秘密
3日目:パワフルなエネルギーを写真に込める
4日目:読み手とあなたの距離が縮まる写真のヒント
5日目:共感を集めるたったひとつのポイント
6日目:あなたの想いをまっすぐに届ける写真の活用
7日目:魅せ方をステージアップさせる意味

詳細はこちら

【公式LINEアカウント】
お友達登録と同時に、「印象を整えて、理想のお客様を引き寄せる~印象バランスグラフと5つの質問ワークシート~」をプレゼントしています!ぜひお受け取りください。
LINEアイコン
▼いいなと思ったらシェアかリツイートをお願いします!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)