ブランディングは意図した「連想」。サービスに申し込むメリットを伝えよう!

ホテルモントレ神戸の中庭こんにちは!溝端マリです。ブランディングをテーマに、起業家や事業主様の世界観づくり・ファンづくりをサポートしています。

溝端マリの写真

ビジネスにおいて、理想のお客様にこちらのことを知ってもらい、必要性に気づいてもらうことは重要です。そのためにも、あなたのサービスに申し込むとお客様にはどんな良いことがあるのかを、正しく伝えていきたいですよね!

起業の初心者の方だけでなく起業して数年経つ方でも、何をしている人なのかわかりにくくなることはあります。その理由は「伝え方」にあります。最近、お客様の反応が悪くなってきたかも、と感じている方もぜひお読みください。

今日は、お客様に必要性に気づいてもらいたい、と願う起業家や事業主さんへ。あなたのブランディングイメージを意図的に連想してもらうことで、あなたのサービスに申し込むメリットがお客様に自然と伝わる方法をお届けします。

 

自分を伝えるワードを決める

ビジネスにおいて、自分が何をする人なのか、理想のお客様に知ってもらい、必要性に気づいてもらうことは重要ですよね。

そのためにまずは、あなたの起業テーマを「ひとこと」で表現してみてください。テーマとなるワードを1つ、見つけてみてください。

さらに、お試しいただきたいことが、、、そこから連想してほしいワードを1つか2つ程度、決めてみてください。コンセプトワードです。すでに起業して数年経つ方は、起業テーマと合わせて自分のコンセプトワードを2〜3つ、あげてみてください。

それ以上たくさんのワードを使うと、読者が見たときに複雑になり、何をしている人なのかわからなくなりますので、まずは2〜3つ程度に絞ってみてくださいね。

テーブルの上でPCをうつ手元

ワードを使う、落とし穴

例えば、クライアントさんに、ヨガとヘルスコーチを組合わせたサービスを提供している方がいます。Aさんとしますね。

Aさんのコンセプトワードは「40代からのヘルシーボディ」「ヨガ」「ヘルスコーチ」です。ここに「ダイエット」とか「美脚」とか入れてしまうと、コンセプトからずれるだけでなく、何をしている人なのか伝わりづらくなってしまいます。

ご自身の場合で確認してほしいのですけど、タイトル、キャッチコピー、サービスのネーミングなどに、コンセプトワード(orインパクトワード)を4つ5つと、たくさんお使いの方も珍しくありません。

ここは要注意で、何をしている人なのか伝わりづらくなっていないかチェックしてみてくださいね。ワードを厳選するだけで、伝わり方が全く変わりますので。

Q、あなたのコンセプトワードは、何でしょうか?

PCを広げる手元

コンセプトワードから、連想を広げる

次に、自分のコンセプトワードからどんな連想を広げられるでしょうか?ここを掘り下げて、意図を持って決めておくと、HPやブログで使用する写真などのビジュアルイメージも決まってきます。

例えば、先ほどの「40代からのヘルシーボディ」「ヨガ」「ヘルスコーチ」のAさんの例で言うと、そこから広がる意図した連想が「しなやかな体づくり」「心と体の両面からケア」「40代のための美と健康アプローチ」だったとしたら、いかがでしょう?

日々発信するブログの記事ネタや、ビジュアルのイメージなども自ずと決まってくること、イメージしていただけるでしょうか。

そして、「Aさんと言えば、しなやかな体づくりをお手伝いする人」「Aさんと言えば、心と体の両面から美と健康をサポートする人」という風に、連想するイメージでブログ発信したり、写真を活用したりすることで、こちらが「意図した連想」を読者に思い浮かべてもらえるようになる。

そうやって、Aさんのサービスに申し込むメリットが、お客様に伝わるようになります。何をしている人かを伝える以上に、大切な要素ですね。

Q、コンセプトワードから連想するイメージは何でしょうか?

もうお気づきかもしれませんが、HPのキービジュアルやプロフィール写真など、目に見える部分を決めることは、本来はブランディング構築の最後の部分です。

ペンを持つ手元

コンセプトワード選びの重要ポイント

コンセプトワードを選ぶ、重要なポイントがあります。それは、自分にとって、そのワードを使う根拠が明確であることが大前提です。さて、あなたが選んだワードは、

  • 自分らしさが出ているでしょうか
  • 自分の強みや魅力が生きているでしょうか
  • 自分が長く思考してきたことでしょうか

自分らしいワードが見つかったら、それを積極的に、タイトル、キャッチコピー、ネーミングに使ってみてください。

逆に、あなたにとって根拠のないワードを多用するのは要注意!なぜって、その他大勢の中に埋もれてしまうからです。自分からライバル多数の大海原に飛び込んで、見つけてくださーい!と言ってるイメージです。

Q、あなたがそのワードを使う理由は何ですか?

カフェのテーブルでPCを広げている

さいごに。ブランディングは、世界観を大切に。

ところで、私自身のテーマは「ブランディング」です。その人が持つ「世界観」を大切に「ブランディング」することを意識しているので、クライアントさんの発信スタイルや、写真などのビジュアルイメージが、私や他の誰かと一緒になることなどは基本的にありえません^^。

なので、発信のスタイルやビジュアルイメージを決める前に、

  • お客様とどんな関わり方をしたい?
  • ビジネスのその先にどうなりたい?
  • どんな社会、どんな世界をつくりたい?

と言った叶えたいことやビジョンを掘り下げることからじっくりやっています。

 

「ブランディング継続プログラム」をご受講の方には、たくさんのワークをお送りしていますが、こうした言葉のひとつひとつを掘り下げながら、タイトルを決め、キャッチコピーを決め、ネーミングを決め、継続サービスを作ることをやっています。

「こんなに深く掘り下げるなんて、一人では絶対にムリです。おかげで自信を持って届けられるサービスができました!それに、以前に作ったサービスが、なぜお申込みが入らなかったのかもわかりました。お客様にメリットが伝えられていなかったし、深さも足りなかったんですよね」

と、先日メッセージをいただきました。言葉を掘り下げることは自分と向き合う作業なので、慣れるまではちょっと苦しくて、一人では掘り下げ方がわからないんですよね。

既にビジネスをしていらっしゃる、またはこれからスタートされようとしていらっしゃるなら、叶えたいことがきっとお有りだと思います。お客様にあなたの必要性に気づいていただいて、しっかり価値をお届けしていきたいですね。

 

「伝えたいメッセージ」に、お客様が集まるヒントをお届けします!こちらもぜひ、お役立てください。

▶︎理想のお客様が集まるブログへ、アップデート!「メディア発信力」診断
5つの質問に答えるだけで、ブログの反応が上がる!無料診断&解説プレゼント

河津桜自宅近くのお寺の河津桜が満開でした♪

溝端マリ

起業家や事業主さんへ、セルフブランディングのヒントをメールでお届けしています!
▼無料メール講座にぜひご登録ください。

神戸大丸の横を歩く溝端マリ 【無料メール講座】
理想のお客様が自然と集まる、
ビジュアル・ブランディングのための〈写真活用〉
7つのレシピ

1日目:強いメッセージを届ける2つの要素
2日目:女性の心をぎゅっとつかむ写真の秘密
3日目:パワフルなエネルギーを写真に込める
4日目:読み手とあなたの距離が縮まる写真のヒント
5日目:共感を集めるたったひとつのポイント
6日目:あなたの想いをまっすぐに届ける写真の活用
7日目:魅せ方をステージアップさせる意味

詳細はこちら

【公式LINEアカウント】
お友達登録と同時に、「印象を整えて、理想のお客様を引き寄せる~印象バランスグラフと5つの質問ワークシート~」をプレゼントしています!ぜひお受け取りください。
LINEアイコン
▼いいなと思ったらシェアかリツイートをお願いします!