心を突き刺された、『人生において』のひとつの問い 〜大切な人に教えてもらったこと〜


自宅前の公園から、蝉の声が聞こえるようになりました。
蝉のミーンミーン、を聞くと、、、
暑さが増す気がするのですが、みなさんいかがですか^^

5月に、ある有名コンサルタントで
数多くの書籍も出版されている方の
1Dayセミナーに参加しました。

自分を見つめ直す
いくつかのワークがあったのですが
その中のひとつの質問に
なんだか心を突き刺されたみたいな
気持ちになりました。

 

その質問が、
『あなたの人生において
 成し遂げなかったことで
 後悔することは何ですか?』
成し遂げなかったことで
後悔すること、って何でしょう?

 

というか、
『人生において』だなんて
そもそもこんな質問に
本気で取り組んだことがありません。

 

なのですが、私にとっては
心が突き刺されたみたいな
気持ちになったのです。

 

なぜなら、この一年
なんとなーく、心の奥に
引っかかっていた質問だったから。

 

 ・

 

昨年の4月に、父が亡くなりました。
その1ヶ月前に癌がわかり
お医者さんから言われた言葉は

 

「余命は言えません。
 明日かもしれないし
 1ヶ月後かもしれません。」

 

それから、ちょうど1ヶ月後に
父は亡くなりました。
たった〈1ヶ月〉でした。
その〈1ヶ月〉の期間を
父は何を考えて過ごしていたのか?
気にはなっていたのものの
最後まで聞けませんでした。
なので、お見舞いに行っても
どうでもいい話ししかしませんでした。

 

 ・
その4ヶ月前の12月に
大好きだった祖母が
心不全で急に亡くなりました。
お正月にみんなが集まるので
楽しみに、直前までその準備をしていました。

 

急、と言っても92歳。
年齢からするとおかしくないのですが
直前の直前まで元気だったので
身内としては突然すぎて
理解できませんでした。

 

一人暮らしでしたが
毎日いろんなお友達やご近所の方が
遊びに来てくれるので
倒れて2時間以内に発見されました。
ある意味うらましい、理想的な最期だと思います。

 

お年寄りの急性心不全。
その時、聞いた話では、心臓が止まってから
脳死するまでの時間は、平均〈1分〉だそうです。
たった、〈1分〉ですって。

 

 ・

 

「今日が最後かもしれない」と思い過ごした
父の最期の〈1ヶ月〉、

 

お正月を楽しみにしていた
祖母の最期の〈1分〉、

 

それぞれ、何を考えたんだろう?って
ずっと私の頭をぐるぐる巡るのですが
本人ではないですし、答えはわかりません。
考えても、きっと永遠に、答えは見えないのだと思います。
でも、自分に突きつけられた気持ちがしたのです。
「これからの人生をどう過ごすのか」って。

 

 ・

 

『あなたの人生において
 成し遂げなかったことで
 後悔することは何ですか?』

 

さて、なんでしょう?

 

答えのカケラくらいは見つけたいので
自分と向き合う旅!?に出かけてきます!
そのため
7月20〜23日は音信不通になりますm(_ _)m

 

自分と向き合って
学ぶことはたくさんあると思います。

 

いま繋がってくださっている方
これからお会いする方
私と関わる大切なあなたに
必ず還元してまいりますね。

 

パワーアップして
激しく燃えていたらごめんなさいね。笑

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)