ビジネスに育てるタネ(種)を見つける方法


【理想のお客様が自然と集まる、ナチュラル・ブランディング】
溝端マリです。
ブランディングの手法で、事業主様の世界観づくりをサポートしています。
 

ニュースレター(メルマガ)
いつもご返信いただく女性の読者様から

起業を視野に入れていらっしゃるけど
「自分の得意が分からない」
といった内容のメールをいただきました。

 

得意なことをビジネスにしたい方は多いと思います。
起業するなら、得意なことを
生かしたほうが絶対に楽しいです。
 

ビジネスとは「問題解決」と言われますよね。
自分が、

〈誰に〉、〈何を〉届けたら、お役に立てるのか

を見つけるために
わたしが起業直後にしたことを書きますね。
 

起業前の方はもちろん、
起業後でも、同じことをすれば
見えてくるものがたくさんあると思います。
わたしも今でも似たようなことをしています。

  
ビジネスに育てるタネ(種)を見つける方法です。

 


 

1、強みや得意だと思うことを伝える・発信する

自分は何ができて、何が得意なのか、
どんな経験やスキルがあるのか、
どんなことにお役に立てるのかを
とにかく伝える、発信する。
 

読者様のご質問は、
「自分の得意が分からない」
ということでしたが

これが強み、
これで起業する、っていうものが
見つかっていない場合は
自分の棚卸をしてみてください。
棚卸しをして、おおよその見当をつけて発信します。


特に、お金をもらって続けてきたことは

ビジネスにしやすいですし、
(つまりキャリアの部分)

過去にどんなご相談が多かったか?を
思い出して、それを伝えるのもいいと思います。

 
わたしが開業した直後は
デザインのネタがメインでした。
(デザイン事務所だったので。)

ほかに
・方向性を決めましょう
・お客様を決めた方がいいですよ
・動線設計が大事
といった内容だったかなと。

全て、百貨店時代にでやってきたことですけどね。
(写真のことは発信していなかったな)
 
 
 
この話しをクライアントさんに伝えたら

「どのくらいの期間、発信しましたか?」

というご質問がきました。
 

わたしの場合でお伝えするなら、約半年です。

初めて、Facebookとアメブロで
集客のための募集記事を書いたのは
発信を変えた半年後でした。
この時はニュースレターをやっていなかったので。
 

 

2、だれかのご相談にのる

ビジネスとは「問題解決」と言われますよね。
だから、だれかの問題を
解決することをしてみてください。
 

対面でも、電話でも、SNSで
手段はなんでもいいと思います。

でも、直接的にお話しできるほうが
解決が早いです。
 
 

わたしはビジネス仲間にアポイントをとって
「困っていることを教えてください!」
とお電話した時期も。
 

すると、、、

「えー、困っていることですか・・」

と言いながらも
結局、あれこれ出てくるんです^^

ご相談にのる→解決させる、の繰り返しです。

 
 
ビジネスとは、問題解決。

得意なことをまえもって伝えていたら、
全く見当違いなお悩みを
相談されることはないと思います。
 
 

この話しをクライアントさんに伝えたら

「何人くらい、相談にのったらいいですか?」

というご質問をいただきました。

 
10人で気づくなら、10人でもいいと思います。

協会ビジネスなどでは、
100人を体験しないと
認定資格がとれないところもありますよね。
ご自身がヒントを得られるまで
続けてみてください。
 
 

「その場で答えられなかったら
どうしたらいいですか?」

というご質問をいただいたことも。
 

その場合は、あとで調べてメッセージしています。
おかげで自分のスキルがぐんぐん上がっていきます。
 


 

3、よく答えていることは何かを知る

繰り返しだれかの相談にのると、
相手は違っても、似た回答をしていることに
あるとき、気づきます。

その回答の中に、
ビジネスに育てる育てるタネ(種)
=ヒントがあると思います。

ぜひ、そのヒントをひろってください。
問題解決の、その解決の幅が大きいほど、
ビジネスとしての可能性が広がると思います。
 
 

「自分がなにを答えたか、覚えていられないかも・・」

というご意見をいただいたことも。

 
はい、その通りです^^!

自分が何を答えたか
記憶に残っていないこともあるので
相手の方の許可を得て
録音させていただいた時期もあります。

録音は、
iPhone内蔵の「ボイスレコーダー」でも
Macなら「Quick Time Player」でも
お手持ちのものでどうぞ。
録音は、必ず許可を得てくださいね!
 

 

けっこう、地味でコツコツな作業なんですけどね、
でも必ず、見えてくるものがありますし
確実に自分のスキルやチカラになっていくと思います。
よかったらお試しくださいね^^
 


 
 

自分が積み上げてきたことは
全てビジネスへのヒントになると思っています。
スキルもキャリアも、過去の経験も、すべてです。

そう思ったら、
無駄な経験は何ひとつありませんし、
そのことに、本当の意味で気づく人が
増えたらいいなと願っています。
 
あなたのビジネスが
あらたな実を結ぶことを願っています。
溝端マリ


 

 

得意なことを伝えるために、インターネットを活用しませんか。
▼写真と合わせて発信すると、間違いなく楽しくなります!

 

ひとり起業家のためのセルフブランディングのヒントを、ニュースレターでも配信しています。
ニュースレターのご登録は、無料メール講座からお先にお受け取りください。
↓ ↓ ↓

マルタ島バレッタを歩く溝端マリ
【無料メール講座】
理想のお客様が自然と集まる、
ナチュラル・ブランディングのための〈写真活用〉
7つのレシピ

1日目:強いメッセージを届ける2つの要素
2日目:女性の心をぎゅっとつかむ写真の秘密
3日目:パワフルなエネルギーを写真に込める
4日目:読み手とあなたの距離が縮まる写真のヒント
5日目:共感を集めるたったひとつのポイント
6日目:あなたの想いをまっすぐに届ける写真の活用
7日目:魅せ方をステージアップさせる意味

詳細はこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)