共感する人が集まるヒミツ。○○を届ける


こんにちは!溝端マリです。
ブランディングとデザインで、事業主様の世界観づくり・ファンづくりをサポートしています。

この週末は
神戸の実家で過ごしています。

シドニー在住の妹(四女)が
一時帰国しているので
家族で食事に出かけたり、

もうすぐ98歳になる
母方の祖母のお姉さん(大伯母)の
顔を見に行ったり♪

 

 

98歳と言っても、
頭はしゃんとしていて(!)

大正琴を何曲も弾いてくれましたし、

昔の写真を取りだしてきて
懐かしいなあと言って
昔話をしてくれるんですね。

 

その写真の中から、

いまから95年前、
大正13年に撮影した
家族写真を見せてくれたのです。

 

 

そこには、
まだ赤ちゃんだった頃の祖母や、
祖母の祖父母も写っていて・・

わたしには、
もちろん懐かしいとかじゃなく、

むしろ、新鮮でした!^^

 

 

祖母の祖父母、って
つまり、、、

わたしの、お母さんのお母さん(祖母)の
お父さん(曽祖父)の、
お父さんとお母さんです。笑

これを「高祖父・高祖母」
っていうらしいです。
知りませんでした~~^^;

 

 

ついつい、写真を撮りっぱなしにして、
データのままで溜め込んでしまいませんか?

改めて、プリントして
残したいなあって思いました^^

 

 

 

 

ところで、

わたしは、写真を
26年ほど続けています。
 

写真については、
20代前半の頃にメンタルが落ちて
撮れなかったころが少しだけありますが、^^;

その時期をのぞいて
ずーーっと撮り続けています。
 

写真がきかっけで
たくさんのご縁をいただき、

いまではビジネスにも発展しています。

ビジネスに、ブログやSNSの発信は
かかせないものになっていますよね!

 

 

わたしの場合、そのほとんどを

写真がきっかけで
ご縁をいただいている

と言っても、
過言ではないかなあと思っているんですね。

 

 

あなたも
あ、この人いいな、素敵だな
と思って読み進めた
ブログやSNSの記事がありますよね。

いいな、素敵だな、と思ったきっかけは
言葉より先に、写真を見てそう感じた・・

そんなこと、ありませんか?^^

 

 

ちなみに、長年、
百貨店で広告物の制作に携わっていましたが、

広告掲載の商品の、
売れる・売れないを決めるのも写真ですし

ビジュアルのクオリティが
自社のブランドのクオリティにも
共通してきます。

 

 

わたしは写真がきっかけで
たくさんのご縁をいただいていますが

写真で共感する人と繋がるために
心がけていることがいくつかあります。

 

 

そのひとつが、読み手に

〈心地よさ〉を届ける

ということです。

 

 

写真を投稿する前に、

この写真は、読み手にとって
心地いい写真だろうか?

と、問いかけます。

〈心地よさ〉って、

・たのしい気分になる、とか

・見ていて清々しい、とか

・わぁ、キレイ!とか

・なんだかあったかい気持ちになる、とか

そんな感じで、
決して難しいことではないんですね^^

 

 

でも、少し意識するだけで

写真に含める色や光、

とくに、
背景に添えるものが
変わってくるはずです。

 

 

逆を言うと、

見苦しいものは
写真の画面から省く、などは

見てくださる方への
配慮かなあと思っています。

 

 

間違っても、

見てくださる方の心を
ざわざわさせたくありませんし、

売れてる感・にぎわってる感を
表現する必要もないかなと。

 

 

そして、
ここが重要だと思うのです。

この〈心地よさ〉の価値観って
人それぞれですよね!

 

 

だからこそ、

〈心地よさ〉を届ける

を意識すると、

自分と同じ
〈心地よさ〉の感覚を持った人

=共感する人が集まります。

 

 

そんな視点で
ブログやSNSの写真を意識すると
写真が変わりますのでお試しください。

 

 

あなたのビジネスや活動に
共感する人が集まりますように。

溝端マリ

 

◎関連記事
・プライベート・フォトレッスン「お客様の事例を撮影したい!」
・「この1年間で撮った写真はなんと4000枚!表したい世界観が表現できるように」
・フォトレッスン付ランチ会[東京・丸の内]開催しました!
・フォトレッスン付ラグジュアリーランチ会[ベラビスタ尾道]、開催しました!

 

 

ひとり起業家のためのセルフブランディングのヒントを、ニュースレターでも配信しています。
▼ニュースレターのご登録は、無料メール講座からお先にお受け取りください。

マルタ島バレッタを歩く溝端マリ
【無料メール講座】
理想のお客様が自然と集まる、
ナチュラル・ブランディングのための〈写真活用〉
7つのレシピ

1日目:強いメッセージを届ける2つの要素
2日目:女性の心をぎゅっとつかむ写真の秘密
3日目:パワフルなエネルギーを写真に込める
4日目:読み手とあなたの距離が縮まる写真のヒント
5日目:共感を集めるたったひとつのポイント
6日目:あなたの想いをまっすぐに届ける写真の活用
7日目:魅せ方をステージアップさせる意味

詳細はこちら

▼いいなと思ったらシェアかリツイートをお願いします!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)