起業家が継続サービスを提供するステップと、外してはいけないこと

起業家が継続サービスを提供するステップと、外してはいけないこと

こんにちは!溝端マリです。
ブランディングで、事業主様の世界観づくり・ファンづくりをサポートしています。

今朝は、海外在住のクライアントさんとセッションでした。こちらは朝で、あちらは夜です^^。あちらはだんだんと夜が更けていくので、眠くないかな~って毎回PCの画面越しに思うのですけど(笑)、今日は一気に進めたので、お互いにアタマをフル回転で使った感じです!

カフェのテーブルでZoomしている

▲クライアントさんのブログをZoomで画面共有して、見直す箇所をアドバイス。

 

セッションの中でこんなことをおっしゃってくださったんです^^

オリジナル商品を考えていると、ワクワクするんです!
ゼロから作るのがすごく楽しい。いままで興味があったものをいろいろ学んできたけど
点と点だったものが線になって、ひとつにまとまった感覚です。
早くお金をいただいて提供したくなりました!本当にコーチ的存在ってすっごく大事。
自己流では無理です~!

たくさんの時間とお金を投資したコーチングと、長く続けてこられたスキルを組合せて、オリジナルの継続サービスの大枠ができました。オンラインで提供するスタイルなので、どこに住んでいてもご提供できます。この、どこに住んでいてもご提供できるサービスを持っておくこと、海外在住の方に限らず大事なことだと思うんです。

わたしがお届けしている、ブランディング継続プログラムはマンツーマンのサービスなので、その方の必要性に合わせてお届けしています。

今日のテーマは、これから自分のオリジナル商品を作りたい!高額商品をつくりたい!と思っている、講師・コンサルタント・コーチ・クリエイターなど、ひとり起業家や事業主様へ。ここだけは外さない方がいいポイントをお届けしますね。商品をつくって提供するときの不安を払拭するためにも。

 

まずは、サービスを提供している自分を想像することから。

ところで、3ヶ月とか6ヶ月のオリジナルの継続サービスを提供することで、お客様が喜んでくださる様子をリアルに想像して、ワクワクできたらいいと思いませんか?逆に、お客様が喜んでくださるイメージができなかったらどうでしょう?提供する=セールスすることに対する怖さが拭えないかもしれません!だから、自分のオリジナル商品を作ろうと思ったら、まずはサービスを提供している自分を想像なさってみてください。

でも、はじめて自分のサービスを提供するとき、

  • どういうステップを踏んで提供すればいいのか
  • そもそも最初からお金をいただいていいのか
  • お金をいただくために何から始めたらいいのか

さらに

  • 低単価で始めたら、その後はどうしたらいいのか・・

最初ってそんなことですら、迷ったり、悩んだり、ときに立ち止まったりしませんか?立ち止まっている時間は、かなりもったいないんですけど、そのことにさえ自分では気づけないもの。

初めて、ブログとSNSで「ブランディング講座やります!」って投稿したとき、誰もこなかったらどうしよう…って不安で手が震えていたし、反応を見たくなくてしばらくスマートフォンを、じゅうたんの上に放置していました。あ、これはクライアントさんのお話しではなく、数年前のわたしのお話しです(笑)。お客様が喜んでくださる姿なんて、1ミリも想像できなくて、それはもう緊張と不安しかありませんでした!

 

お客様が喜んでくださる様子を、想像するためのステップ。

オリジナルの継続サービスを提供したいのに、お客様が喜んでくださる様子をリアルに想像できない方へ。まずはリアルに、イメージするところから始めるといいですよね。頭の中でイメージすることも大事ですけど実際にイメージできるようにステップを踏むといいです。

お客様が喜んでくださる様子をリアルに想像するためのステップが何かというと、モニターを依頼する、です。オリジナルの継続サービスをモニターさんに提供して、しっかり価値を受け取っていただくんです。当たり前と言えば当たり前なのですけど、モニター開催をせずにいきなり、それなりの価格で提供する方も意外といらっしゃいますし、わたしもそんな発想ありませんでした。

 

さらに、ここだけは外さない方がいいこと。

さらに、モニターをお願いするときに、できれば、ここだけは外さない方がいいことがあります。モニター開催で外さない方がいいことが何かというと、、、最初のモニターさんは、理想のお客様像に近い人を選ぶこと、です。

ここを間違えて、理想のお客様像と遠い人にモニター開催してしまうと、こちらは一生懸命に相手の方に向き合っているのに、思っていた反応と違う結果になったり、ちょっと残念なご感想が届いたりします。

すると、商品ページや告知文を書くときに「お客様のお声」として掲載しづらかったり、その後にプラスに働きません。だからぜひ、あなたの理想のお客様像を設定して、その方に近い人にモニターを依頼なさってください^^

 

モニター開催するためにも、理想のお客様像ってどうやって決めるの?と思われたら、こちらのブログ記事もご覧ください。

関連記事:お客様の心をぎゅっと掴む!ペルソナ設定の方法と考え方

 

まとめ。

オリジナルの継続サービスを作られた、冒頭のクライアントさんが、

ターゲティングを狭められた~!

(理想のお客様像を)決めていたつもりだったけど、ただのつもりでした!

とおっしゃっていました。

オリジナルのサービスを届けていくためのポイントをまとめますと・・・
お客様が喜んでくださる様子をリアルに想像して、ワクワクするイメージから始めましょう。リアルに想像するために、ぜひモニター開催してみるのもおすすめです。モニターさんは、理想のお客様像に近い方に以来なさってください。

 

ブログでファンを集めたい方はこちらのPDF冊子も、ぜひダウンロードなさってください。
女性のお客様が自然と集まる、ブログ写真の撮り方・5つのセオリー【PDFテキスト】無料ダウンロード

 

ぜひ、お客様が喜んでくださる様子を、リアルに想像してワクワクしながら、あなたが想いを込めて作りあげたオリジナルのサービスをお届けしてくださいね。

溝端マリ

 

 

ひとり起業家のためのセルフブランディングのヒントを、ニュースレターでも配信しています。
▼ニュースレターのご登録は、無料メール講座からお先にお受け取りください。

マルタ島バレッタを歩く溝端マリ
【無料メール講座】
理想のお客様が自然と集まる、
ナチュラル・ブランディングのための〈写真活用〉
7つのレシピ

1日目:強いメッセージを届ける2つの要素
2日目:女性の心をぎゅっとつかむ写真の秘密
3日目:パワフルなエネルギーを写真に込める
4日目:読み手とあなたの距離が縮まる写真のヒント
5日目:共感を集めるたったひとつのポイント
6日目:あなたの想いをまっすぐに届ける写真の活用
7日目:魅せ方をステージアップさせる意味

詳細はこちら

▼いいなと思ったらシェアかリツイートをお願いします!