わたしのことわかってくれそう!と思わせるブログ発信の言葉選び

東京駅の駅舎こんにちは!溝端マリです。ブランディングで、事業主様の世界観づくり・ファンづくりをサポートしています。

本題の前に、近況報告から。

今月は、コミュニティメンバーさんがこちら岡山で新年会を開いてくださって9名の皆さんと賑やかに盛り上がりました。 写真はこちらをご覧くださいね。(Facebookに飛びます)

わたしは一応主催ですが、席次表とくじ引きを作ったくらい。ご縁いただいて4年になる方が、幹事に手をあげてくださったことも、皆さんが場を和やかに保ってくださることも本当に有難くって。。。

新年会の様子

 

そして先週は、ブランディングと写真をテーマに、東京・恵比寿でWS(ワークショップ)を開催しました。いま、新型コロナの影響で、外出を控える方も増えていますよね。でも、宮城や静岡など、遠くからご参加くださる方々にこちらが助けられました。

セミナー会場の様子

▲プロジェクターは持ち込み。珈琲の美味しいカフェの個室です。

 

さて、三連休の前、ブランディング継続プログラムをご受講2ヶ月目になる方に、お申込みになった理由をもう一度お聞きしてみたのです。 そうそう、「お客様があなたにお申込みになった理由」をお聞きすると、色々なヒントが見えてきますよ!

そこには、今後あなたが活かすべき「自分の強み」、特に、お客様が求めている「自分の強み」が見えてきますので、あなたもお客様がすでにいらっしゃる場合は、ぜひお聞きになってみてくださいね。

 

それで、クライアントさんに、わたし・溝端マリにお申込みになった理由を伺ったところ、こんな風におっしゃってくださいました。

だって、マリさん、
ずっと発信されてますよね。

気づいたら
なんとなくメルマガを読んでいて
うーん、たぶん、、、
1年以上になると思います。

悩みが大きくなってきて
ああ、誰かに聞きたい!と思ったら
ピンときて

それで申込みました。

だそうです。笑  継続していること自体が、ひとつの信用ですよね! 信用を積み重ねるために書き続けてやめないことも重要です。

 

「お客様がお申込みになった理由」をお聞きするとき、あなたが活かすべき「自分の強み」も見えてきます、と書きましたが、これではわからないので(笑)、もう少し掘り下げて質問しました。

すると、、、 「環境とか、仕事のやり方とか、感覚が似ていて、わたしのことをわかってくれそう、と感じたので・・」とおっしゃってくださったんですね。

そう、この「わたしのことをわかってくれそう」という感覚、これです、これ。 この、 「わたしのことをわかってくれそう」と読者の方に思っていただくために、日頃どんな発信を心がけていらっしゃますか?

 

今日は、「ブログは書いているのに、なかなかお申込みが増えないんです」とお悩みの、起業家や事業主さんへ。「わたしのことをわかってくれそう」 と、読者の心に響き、結果的にお客様が自分を選んでくれるようになるヒントをお届けします。

どこかで一度会ったことのある人や、友人・知人しかお申込みが入らない、と感じている方も多いですが、これでは正直なところ、事業として発展しませんよね。 読者の反応が変わりますので、ぜひお試しいただきたいことです。

テーブルの上でPCをうつ手元

このままブログを書き続けて、濃い読者が集まるのかな・・

「ブログは書いているのに、なかなかお申込みが増えないんです」とご相談いただくことが多々あります。 具体的には、、、

  • なんとなくブログは書いているけど、今の書き方でいいのかな
  • このままブログを書き続けて、濃い読者やファンが集まるのだろうか
  • お役立ち記事を書いているけど、同業者さんも似たようなことを書いていて、オリジナリティは出ていない気がする
  • サービスへのお申込みや、メルマガ・LINEへの登録がなかなか増えない

そんな風に感じる方へ。

カフェのテーブルでPCを広げている

「わたしのことをわかってくれそう」と思ってもらうために。

さて、あなたもブログやSNSで日々、発信していらっしゃると思います。 もしまだでしたら、ぜひ発信なさってくださいね。発信しないと、自分が存在していることすら認知してもらえなので。

情報や価値をお届けしようと日々、ブログを書いているなら、その記事、必要としている誰かの心に届けたいですよね。

「わたしのことをわかってくれそう」と思ってもらうためにお試しいただきたいことは、いきなり結論ですが、対象を絞ってみる、です。

 

情報や価値や、こちらの想いをお届けしようと日々、ブログを書いていますよね。

例えば、、、あなたが美容と健康をテーマに扱う人で、体の代謝を促すストレッチやマッサージ法など、痩せやすく健康的な体づくりについてブログを書いているとします。 でも、このままの記事では、他の同業者さんも同じことを書いているかもしれません。

だから、理想のお客様に当てはめて、対象をぐっと絞るんです。もし、対象となる理想のお客様が、体の変化感じやすいアラフォー世代で、バリバリ仕事をこなしつつ、小さな子供がいても、家庭と仕事を両立していて、何事にも前向きな人だったとしたら・・・さて、どんなご提案や、言葉かけができるでしょう?

  • ストレッチやマッサージも大事だと思うけど、忙しいから短時間で済ませたい、とか
  • 家事と並行して、ながら作業でできることが知りたい、とか
  • ちょっと疲れているけど癒しよりも、元気が欲しいとか

そんな風に思っているかもしれませんよね。

テーブルの上のパソコン

お客様の心に寄り添う、書き方のポイント。

対象を絞って記事を書く時に、お客様の心に寄り添う書き方のポイントがあります。

対象となる理想のお客様は、

  • 本当は何を求めているのか
  • 今、どんな気持ちになりたいのか

この辺りを意識するだけで、ご提案や使う言葉が変わってくるはずです。

ぜひやっていただきたいポイントは、目に見える変化と、気持ちの変化の、両面を意識して書く、です。

すると、先ほどの美容と健康をテーマに扱う人の例でいうと、、、体の代謝を促すストレッチやマッサージ法など、痩せやすい体づくりについて、ノウハウだけを書くより「わたしのことをわかってくれそう」という気持ちになりませんか?

 

美容と健康をテーマに扱う人を例に出しましたが、業種が変わっても考え方は同じです。 お役立ちの記事を書く時も、自分の想いやメッセージを書く時も、理想のお客様をイメージして話しかけるように言葉を綴れば、使う言葉が変わるはず。

このままブログを書き続けて、濃い読者やファンが集まるのだろうかと不安に思うときは、ぜひそんな視点でもお試しくださいね。 読者の反応が、必ず変わってきます。

東京駅の駅舎

ブランディング構築の中でも特に重要なこと。

私がお届けしているブランディングは重要な要素を、メッセージ・コンセプト・ビジュアルの3つに定義付けしています。

ブランディング構築の中でも重要な、理想のお客様像の設定。お会いしたことのない人からお申し込みが入りにくい方は、ここの設定がズレていないか、設定したお客様へ届く発信になっているか確認してみるといいです。

 

そうは言っても、そもそも、理想のお客様がリアルに思い描けない、と感じていらっしゃる場合は、ぜひこちらにお越しください。2月のブランディング継続プログララムのための体験相談の募集は、2月25日(火)、20時のメルマガの中で行います。

▶︎理想のお客様が自然と集まる、ブランディング継続プログラム〈6ヶ月〉

▶︎お客様の声【ブランディング継続プログラム】

 

 

なんとなくこんな感じかな、の手探りで100記事ブログを書くよりも、理想のお客様の心に届く記事を20記事でも書いた方がずっと効果的です^^

あなたがすでに持っている価値を、限られた時間の中で、最大限にお届けしていくためにできることをコツコツ積み上げていってくださいね。

溝端マリ

 

 

起業家や事業主さんへ、セルフブランディングのヒントをメールでお届けしています!
▼無料メール講座にぜひご登録ください。

神戸大丸の横を歩く溝端マリ
【無料メール講座】
理想のお客様が自然と集まる、
ビジュアル・ブランディングのための〈写真活用〉
7つのレシピ

1日目:強いメッセージを届ける2つの要素
2日目:女性の心をぎゅっとつかむ写真の秘密
3日目:パワフルなエネルギーを写真に込める
4日目:読み手とあなたの距離が縮まる写真のヒント
5日目:共感を集めるたったひとつのポイント
6日目:あなたの想いをまっすぐに届ける写真の活用
7日目:魅せ方をステージアップさせる意味

詳細はこちら

【公式LINEアカウント】
お友達登録と同時に、「印象を整えて、理想のお客様を引き寄せる~印象バランスグラフと5つの質問ワークシート~」をプレゼントしています!ぜひお受け取りください。
LINEアイコン
▼いいなと思ったらシェアかリツイートをお願いします!