祖父の思い出「必要なことは、必要な時に学んだらいい」

ロケを目的に、神戸に行ってきました。

帰りに、ふと思い立って
以前から気になっていた場所へ!

 

 

いまから40年以上前
神戸の中之島という場所で
母方の祖父が造船所を営んでいました。
有限会社 扇造船(おうぎぞうせん)という社名、
ちょっと縁起が良さそうでしょ^^

 

祖父は9年前に亡くなっているのですが
どんな場所なのか見てみたくなって・・

 

 

祖父の造船所は
木造の船をつくる造船所で、
日本に鉄が入ってきた40年以上前に
時代の流れを読み
経営が傾く前に会社を閉じました。

 

会社の建物は、
船の部品を作る
親しくしていた取引先へ
譲ったと聞いています。

 

その取引先の会社名を頼りに
グーグルマップ片手に・・
無事到着!(早っ

 

今でもありました、ありました!
 

 

会社の看板を見て
あぁ、まだここで船の部品を
造り続けているんだなって思ったら
なんだか感慨深くって・・

 

勝手に、看板や外観を
写真に撮ったんですね、
そしたら・・・

 

 

私の行動、すっごく
不審だったのでしょう!
建物から作業着をお召しになった
年配のご婦人が出てこられたので
あわてて、事情を説明したんです!

 

40年以上前にこちらにあった
扇造船を経営していた
岡本 豊の孫にあたります、と。

 

そしたら、ご婦人は
祖父も祖母も、私の母のことも
よくご存知で、玄関先で
しばらく立ち話に。

 
 

あなたのおじいさんには
大変お世話になった、とか
お亡くなりになって
どのくらいになるのですか、とか
お母さんはお元気ですか、とか
お孫さんがたくさんいると聞きました、とか・・

 

 

ひとしきり話しをして
その場を立ち去ったあと、
心の奥から熱いものが
湧きでてきて胸がいっぱいに!

 

この感情がなんなのか
うまく言葉にならないのですけどね。
ま、じっくり
味わいたいなと思っています^^

 

 

 

 

帰り道、車を走らせながら
子どもの頃、祖父に何度も言われた
言葉を思い出しました。

 

「学校なんか行かんでもええ、
 必要なことは、必要な時に
 学んだらいいんじゃ!」

 

その度に母が
「今はそんな時代じゃないのよ」って
言い返してましたけど。

 

 

おじいちゃんの言ってたこと
今ならわかるよー!
 

 

 

 

ブランディング講座の新規募集をいたします。
講座のご案内は、ニュースレターで
先行してお届けいたします。

 

ひとり起業家のためのセルフブランディングのヒントを、ニュースレターでも配信しています。
ニュースレターのご登録は、無料メール講座からお先にお受け取りください。
↓ ↓ ↓

マルタ島バレッタを歩く溝端マリ
【無料メール講座】
理想のお客様が自然と集まる、
ナチュラル・ブランディングのための〈写真活用〉
7つのレシピ

1日目:強いメッセージを届ける2つの要素
2日目:女性の心をぎゅっとつかむ写真の秘密
3日目:パワフルなエネルギーを写真に込める
4日目:読み手とあなたの距離が縮まる写真のヒント
5日目:共感を集めるたったひとつのポイント
6日目:あなたの想いをまっすぐに届ける写真の活用
7日目:魅せ方をステージアップさせる意味

詳細はこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)