ブログ写真で伝えよう!理想のお客様が集まるビジュアルの作り方

神戸大丸の花屋「ブログの写真を素敵に変えて、理想のお客様を増やしたい!」と言われることがあります。あなたはいかがですか?

こんにちは!溝端マリです。ブランディングで、起業家や事業主様の世界観づくり・ファンづくりをサポートしています。
神戸大丸の横を歩く溝端マリ

写真がきっかけで、気づけばブログを読み進めていたとか、写真に惹かれてブログのファンになったなど、まずは、写真=ビジュアルに惹かれてそれから文章を読んだ、という経験は誰もがあると思います。

逆に、ビジュアルが残念だと文章を読もうと思わない、ということもご経験済みではありませんか?読み進めてもらえるかどうかが決まるほど、ビジュアルのチカラは大きいですよね。

せっかく書いているあなたのブログの文章、一人でも多くの方に読み進めてもらえるように、ビジュアルを整えてみませんか。

 

そうはいっても、こういったご相談もよくいただきます。

  • どんな写真を使ったら、いいお客様が集まるのかわからない
  • 今の写真をどう変えたら、素敵な印象になるかわからない
  • 理想のお客様とは、少し違う人が来ている気がする

だから、、、

  • 自分がイメージする理想のお客様の心に響く、ブログ写真の基準が知りたい
  • 今のブログ写真の、どこをどんな風に変えたらいいのか知りたい
  • もっと前向きな人や、自分の想いやメッセージが伝わる人に来て欲しい

など、より理想のお客様に来て欲しいと思っている、起業家や事業主さんへ。

今日は、ブログ写真を素敵に変えて、より理想のお客様が集まるように、写真を含めたビジュアルの配色の考え方をお届けします。

 

1、写真を構成する3つの要素・基準値を決める

自分のブランディングにおける、ブログ写真の基準を持っておきましょう。最初は感覚的なものでも結構です。

考え方はまず、あなたのブログを読んでほしい、あなたの理想のお客様をお一人イメージなさってください。一人に絞れないと言われることがありますが、一人をイメージしなくてはビジュアルを具体的に落とし込みができませんので、まずは理想のお一人を。

写真を構成する要素にはいくつかありますが、ここではわかりやすい要素を3つピックアップします。3つとは、明度・彩度・色数です。この3つの基準を持つことを意識してみてくださいね。ひとつずつ説明します。

 

写真を構成する要素1・明度

明度が高いと明るい写真になり、明度が低いと暗い印象の写真になります(そのままですが)。明るいほど、輝かしく、前向きで、ポジティブな印象を与えます。

あなたの写真の明るさを見て、読者は「どんな明るい未来に行きたいか」を無意識でイメージします。
カフェのテーブルでPCを広げている

▲明るいと前向きでポジティブな印象

 

写真を構成する要素2・彩度

彩度が高いと鮮やかでパッと目を引きますが、彩度が低いと落ち着いた印象の写真になります。彩度が高いほど、勢いやエネルギーを感じ、スピード感を感じさせます。

あなたの写真の彩度を見て、読者は「どんなスピード感で進みたいか」を無意識でイメージします。

マルタ島の建物前でカメラを構える▲彩度が高いと、勢いやエネルギーを感じさせる

 

写真を構成する要素3・色数

写真の中に色数が多いとほど賑やかな印象になり、色数が少ないほどすっきりとシンプルで静かな写真になります。色数が多いほど、賑やかさ、華やかさ、楽しさを感じさせます。

あなたの写真の色数から、読者はあなたのことを「どんなお人柄なのか」を無意識でイメージしています。

無花果

▲色数が少ないとすっきりシンプル、静かな印象

 

2、写真の基準を作る重要ポイント

では、明るいほどいい、彩度は高いほどいい、色数は多いほどいい、という意味なの?と言うと、そうでもないんですね。

お客様をどんな明るい未来に導くなのか?どんなスピード感で連れて行くなのか?どんな人柄なのか?を言語化しておきましょう。さらに、お客様はどうなりたいのか、あなたとどんな世界にいきたいと思っているのか。そういった、あなたとお客様との関係性によって「明度・彩度・色数」のバランスが変わります。

まずは、どのくらいの「明度・彩度・色数」の写真を活用するか、基準の目安を意識してみてください。グラフにしてみるといいんですけどね。

神戸大丸の花屋

どのくらいの「明度・彩度・色数」の写真を活用するか、と言われても、最初は自分の基準がわからないかもしれません。その場合は、他者と比較・分析してください。比較する相手は

  • あなたと同じ業種・業態の方
  • あなたと同じ属性のお客様を集めようとしている方

比較して、自分の写真の「明度・彩度・色数」の、自分のポジションを決めましょう。ビジュアルブランディングにおけるポジションです。

 

ブログに必須の写真をもっと上手に活用したい方へ。こちらもぜひダウンロードしてご活用ください^^
女性のお客様が自然と集まる、ブログ写真の撮り方・5つのセオリー【PDFテキスト】無料ダウンロード

写真の撮り方PDFイメージ画像

 

3、理想のお客様が来ない?よくある写真のカンチガイ。

一輪差しに生けたバラ写真を構成する「明度・彩度・色数」の基準を考えるために、あなたとお客様との関係性で写真を考えてみてください。理想のお客様にお越しいただくためのビジュアルの基準です。

  • あなたはお客様を、どんな明るい未来に導きますか?
  • あなたのお客様は、どんなスピード感で進むことを望んでいるでしょうか?
  • あなたのお客様は、どんなお人柄でしょうか?

ここまでお読みいただくとお気づきかもしれませんが、写真を含めビジュアルを考えるとき、あなたの好みはあまり関係ありません

自分の好みを取り入れてはダメという意味ではないですよ。最優先事項ではないという意味です。

なのですけど、HPやブログのビジュアルを考えるとき、どうしても「この写真が好き」「この色は好みじゃない」「○○○みたいな美しいビジュアルに憧れる」など、自分の好みで考えたり、憧れの誰かの真似をしたりしてしまいます。

その気持ちもよくわかるんです。わたし自身も自分のブランディングがなかった時はそうだったので。

そうではなく、理想のお客様を思い描いてみてください。そして、あなたとそのお客様との関係性をイメージしてみてくださいね。

 

もし難しく感じるなら、理想のお客様に近い方に会って、お客様を知ることから始めてください。どんな未来を望んでいるのか、どんなスピード感を望んでいるのか?どんなお人柄なのか?を知ることからです。

「お客様を知る」とは、ビジネスの基本ですが、わたし達・事業主はそのことをすぐ忘れます。苦笑

 

4、さいごに。写真の方向性が決まらない本当の理由は?

東京駅の駅舎無意識で感覚をつかんでいらっしゃる方は、すでに取り入れていらっしゃると思います。でも、色に関わる習慣がない方にとっては、今日のお話は掴みづらい部分もあるかもしれません。

最初は感覚でも結構ですので、もっと明るいほうがいいかな、彩度は下げたほうがいいかな、色数は・・?と、まずはそんな視点を持つことから始めてみてください。

 

写真を含めビジュアルの方向性が、なかなか決められない方がいらっしゃいます。その本当の理由は、自分にとってのビジュアルの正解がわからないからではありません。

ビジュアルの方向性が決められない本当の理由は、自分の理想のお客様が誰なのかわからない、わからないから理想のお客様と自分の関係性もイメージできない、ことです。

 

だから、まずは理想のお客様を決めることからはじめませんか。

  • HPやブログのビジュアルの基準がわからない
  • HPやブログ・各種SNSなど、メディアのビジュアルがバラバラで統一感がない

など感じる方は、まずブランディングの構築、またはブランディングの見直しからお試しくださいね。お客様が自然と集まる、あなただけのビジュアルの方向性を決めましょう。

溝端マリ

 

「理想のお客様が自然と集まる、ブランディング継続プログラム」の募集は、3月26日からメルマガでご案内いたします。ご興味のお有りの方は、まずは無料メール講座にご登録ください。

 

 

起業家や事業主さんへ、セルフブランディングのヒントをメールでお届けしています!
▼無料メール講座にぜひご登録ください。

マルタ島バレッタを歩く溝端マリ
【無料メール講座】
理想のお客様が自然と集まる、
ビジュアル・ブランディングのための〈写真活用〉
7つのレシピ

1日目:強いメッセージを届ける2つの要素
2日目:女性の心をぎゅっとつかむ写真の秘密
3日目:パワフルなエネルギーを写真に込める
4日目:読み手とあなたの距離が縮まる写真のヒント
5日目:共感を集めるたったひとつのポイント
6日目:あなたの想いをまっすぐに届ける写真の活用
7日目:魅せ方をステージアップさせる意味

詳細はこちら

【公式LINEアカウント】
お友達登録と同時に、「印象を整えて、理想のお客様を引き寄せる~印象バランスグラフと5つの質問ワークシート~」をプレゼントしています!ぜひお受け取りください。
LINEアイコン
▼いいなと思ったらシェアかリツイートをお願いします!