やりたいことがズレてきた時の、4つのチェックポイント

セッションしている様子こんにちは!溝端マリです。
ブランディングとデザインで、事業主様の世界観づくり・ファンづくりをサポートしています。
(↑ノートの一行目に、マリさんブランディングと書いてあるのを発見。)

わたしが提供している、ブランディング講座〈プライベート受講〉のプランには、無制限のメール相談がついていて、日々、いろいろなご質問やご相談が届きます。

最近だと、

  • プロフィールの印象にズレがないか見てください!
  • 広告を添削してください!
  • 商品ページを書いてみました!ご意見ください。
  • イベントの企画を考えました!どう思います?

などもメールいただきます。
春だから、みなさん、いろいろスタートされるのですね^^

そんな中で、ご質問をいただきました。

「やりたいことがズレてきたんです。
サービス内容や、ペルソナ(理想のお客様像)を
どのように設定したらいいでしょうか?」

今日は、ひとり起業家や事業主さんが、これで起業する!と決めて活動していたけど、

  • 届けているサービスとは違うことを、お客様から求められる機会が増えた、とか
  • やっているうちに、少し違うことがやりたくなった、とか
  • やりたいことがズレてきたかも!?という方へ。

やりたいことがズレてきた時の4つのチェックポイント を書きますね。ノートを記載している男性の手元

 

 

1、コンセプトを見直す

「月曜日のブランデイング講座を
楽しみにしているのですが、問題に突き当たりました。」

「やりたいことがズレてきたんです。
サービス内容や、ペルソナ(理想のお客様像)を
どうやって設定したらいいですか?」

まず、「問題に突き当たりました。」とありますが、
この場合の問題とは、ネガティブな意味の問題ではなく、いい気づきだと思います。
だって、本当にやりたいことに近づくのですから^^

それで、
・届けているサービス内容が変わったり
・届けたいお客様が変わったり、
・あれ?どこに向かっているんだっけ?という状態・・・

結論を言うと、この場合、
コンセプトの見直しが必要です。

  • だれに届けますか
  • なにを届けますか
  • どうやって届けますか
  • なぜあなたが届けるのでしょうか

まずはここから、再設定していきましょう。

理想のお客様像のことを、ペルソナと言ったりしますね。
こちらの記事もご参照ください。
▶︎お客様の心をぎゅっと掴む!ペルソナ設定の方法と考え方

花瓶に生けた一輪のバラ
 

2、さて、何からする!?

わたしの考え方ですが、やりたいことは全部やればいいと思っています。

全部って言われても、
じゃぁ、何からどうしたらいいの〜〜〜?って
なるかもしれませんが、

まずは、いま、お客様から求められていることをやってみるといいです。

または、
いま、やりたいことと繋がる可能性のあることをやってみる、です。

すでに何か活動していて、ズレてきたなら
なんのきっかけや繋がりのないことを、始めるのではないと思います。

例えばですが
・ファッションコンサルタントさんが、メイクも教える。
・語学教室の先生が、海外ツアー企画をする、とか。

ファッションコンサルタントさんが、料理教室の講師をする、ではなくて。

お客様から求められるものに耳を傾ける、そこに応えてみることから始めてみるといいかもしれません。建物と並木

 

 

3、〈目的〉と〈手段〉を切り分けて考えよう

〈目的〉と〈手段〉が、一緒になってしまうことがあります。

やりたいこと、とは〈手段〉であり、
こうなりたい!という向かいたい未来は〈目的〉ですよね。

例えば、
講師業の人にとって、講師という仕事は〈手段〉であり、

講師という仕事によって、実現したいことが、例えば
「自信を持って自分の人生を歩む人を増やす」が
〈目的〉だったとします。

その〈目的〉が達成されるなら、
〈手段〉は他にもあるかもしれない、って考えたら
講師という仕事以外にも
〈手段〉はあるかもしれませんよね。

〈手段〉のバリエーションはぐんと広がりますし
もしかしたら、〈手段〉はなんでもいいかもしれません。

だから、資格や肩書きにとらわれず、自分ができる全てを使って、お客様に応えていきましょう^^
やり方は無限にあります。

ただし、〈手段〉そのものが、〈目的〉になっている人もいるんですね。

どういうことかというと、
講師として成功する、が〈目的〉の人です。
(否定しているわけではありませんよ)

講師として成功する、
さらにその先に何を叶えたいのか?が明確になれば
別の〈目的〉が見えてくるかもしれません。

あなたのいまの〈手段〉の、
その先に叶えたいことはなんでしょうか?^^

そこへ向かう方法は、無限にあるはずです。

東京駅の駅舎

 

 

4、そのやりたいことを発信しよう

いままでやっていたことも、これからやろうとしていることも
とにかく発信しましょう。
発信するメディアは、まずはSNSでも、ブログでもいいと思います。

なぜって、発信しなくては認知されることはないからです!

  • 何をするのか?
  • どんな思いでそれをするのか?
  • なぜそれをするのか?
  • その先にどうなりたいのか?

など、やりたいことはぜひ発信しましょう。

まだ、やりいことが具体的になっていない場合も、届けたいお客様が決まっていない場合も、それでも発信することをお勧めします。
発信しているうちに、自分の中で整理され、やりたいことや届けたいことが見えてくるからです。

こちらの記事もぜひご覧ください。
▶︎発信のチカラ。未来のお客様に向けて
写真を発信に活用したい方へのヒント
▶︎写真をビジネスに活用できていない人の勘違い!?

パソコンを打ち込む女性の手元

 

 

まとめ。

やりたいことは全部やればいいと思っています。
やりたいことがズレてきたかも!?と思われた時のチェックポイントをまとめると、

  1. コンセプトを見直す
  2. お客様から求められていることをやってみる
  3. 〈目的〉と〈手段〉を切り分けて考える
  4. やりたいことを発信する

時間だけはあっという間に過ぎていきますよね。
実行して、検証してみなくては、それが合っているかどうかも絶対にわかりません。
だから、1日でも早く、動いた方がいいんじゃないかなと。

近道か、回り道かさえ、やってみないとわからないけど、わからないからこそ、1日でも早く動いた方がいい気がします。
あとは、やりながら考える、やってから考える、走りながら考える、でいきましょう^^

溝端マリ

神戸大丸の横を歩く溝端マリ

 

 

ひとり起業家のためのセルフブランディングのヒントを、ニュースレターでも配信しています。
▼ニュースレターのご登録は、無料メール講座からお先にお受け取りください。

マルタ島バレッタを歩く溝端マリ
【無料メール講座】
理想のお客様が自然と集まる、
ナチュラル・ブランディングのための〈写真活用〉
7つのレシピ

1日目:強いメッセージを届ける2つの要素
2日目:女性の心をぎゅっとつかむ写真の秘密
3日目:パワフルなエネルギーを写真に込める
4日目:読み手とあなたの距離が縮まる写真のヒント
5日目:共感を集めるたったひとつのポイント
6日目:あなたの想いをまっすぐに届ける写真の活用
7日目:魅せ方をステージアップさせる意味

詳細はこちら

▼いいなと思ったらシェアかリツイートをお願いします!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)