商品ページを要チェック!ブログ読者を引き込むビジュアル写真3つのヒント

ホテルモントレ神戸の中庭でPCを広げている
こんにちは!溝端マリです。
ブランディングとデザインで、事業主様の世界観づくり・ファンづくりをサポートしています。
先日、ブランディング講座を受講中のクライアントさんから「写真がイマイチだとこの人に頼むのはちょっと、、って躊躇しますよね!」と言われたんです。一瞬、ドキッとしたわたし。。。笑

たしかに、わたし自身はその通りで、ブログやSNSの写真に違和感を感じると、頼りたいとか、お任せしたいとか思えないところがあるんですけど、、
そっかー、わたしの所にお越しの方は、同じような種類の方がお越しなんだなー、と思うと、当然といえば当然ですよね。笑

写真やビジュアルの話をすると、わたしにはそういうセンスがなくて~、とおっしゃる方もいらっしゃいますが、ちょっとしたコツを掴めばそれなりにいい感じに見えます^^

ざっくりした表現ですが、要は、全体のバランスなので、一ヶ所だけが綺麗にまとまっていても、全体のバランスが取れていないと、それはアンバランスで良いものには見えない、というのがデザインの理論かと思います。

さて、わたしが提供しているブランディング講座〈プライベート受講〉には、無制限のメール相談がついていて、日々、いろいろなご質問やご相談をいただきます。

最近なら

  • プロフィールの印象にズレがないか見てください。
  • 新しい価格設定にご意見ください!
  • 広告を添削してください!
  • 商品ページを書いてみました!ご意見ください。

などもメールいただきます。
春だから、いろいろスタートされるのですね!^^

このところ、お急ぎの案件も多いので、かなりの時間、PCに向かっている気がしますが、クライアントさんのクオリティが上がっているのを見て、、、じーーーんと、ひとり感動しています。笑

ところで、商品ページや、お申込みのページ、いわゆるランディングページ(LP)は、全体のバランスを取る=統一感を意識するだけで、読者を引き込むことが可能になります。
あ、もちろんブログでも同じことですね!

15年間、企業の中で広告物を制作し、読者を引き込む、伝え方や魅せ方を、日々 模索・研究してきました。

今日は、ひとり起業家や事業主さんのための、商品ページ(LP)にもオススメ!
「プロでなくてもカンタンにできて、読者を引き込むビジュアル3つのヒント」をお届けしますね^^

繰り返しになりますが、商品ページや、お申込みのページ、いわゆるランディングページ(LP)のページ全体のビジュアルの印象は揃えておきましょう。

揃っていないと、読者の心が、すーーーっと離れていくからです。。。
当然ですが、離れてしまうとお申込みに至ることはありませんね^^;

では、「プロでなくてもカンタンにできて読者を引き込むビジュアルの3つのヒント」です。
 

1、商品ページ(LP)で使われる写真は、同じ人が撮った写真を使う。

商品ページ(LP)で使われる写真は、できるだけ

  • ご自身で撮った写真 か
  • ひとりのカメラマンが撮った写真

を使いましょう!
撮った人が同じなら、それだけで写真に統一感が出るからですね^^

でも!
・写真が上手に撮れない
・すぐに用意できない
などの理由で、フリーの素材集などの写真を使う場合もあるかもしれません。

フリーの写真を使う場合、それぞれの写真の〈明るさ〉と〈彩度〉だけでも揃えるようにすると、写真のバラバラ感がぐっとマシになり、まとまりがでます。
 

2、カラー(色)は、多くても3色までに。

タイトルや見出しなどの文字のカラー(色)や囲みなどの装飾に使うカラーは、多くても3色までに厳選しましょう。

たくさんの色を使う、いわゆるマルチカラーはデザイン的にもかなり簡易度が高いので、デザイン上級者向きです。なので2色か、3色程度がオススメ^^

商品ページ(LP)のデザインや見栄えを整える前に、カラーを先に決めておくと迷いが少なくなります。
 

3、最後のメッセージに、顔がわかる写真を。

あなたの商品ページ(LP)、ページ最後に、あなたから読者の方へのメッセージを添えていますか。

そして、その締めくくりに読者の背中を押すメッセージを添える場合には、ぜひ、あなたのお顔がわかる写真が一緒にあるといいですね^^
さらに、そのあなたの写真、カメラ目線の方がメッセージ性は強くなります!

例えば、「あなたのお越しをお待ちしています!」と書いて、さらにカメラ目線の写真があると、読者はあなたからダイレクトに言われているような気がします。
それだけで距離感がぐんっと近くなりますよ^^

メッセージ性の強さは、あなたと読者の関わり方や、お申込み後に築いていく関係性にもよるので、とにかく強ければいい!というものでもありませんので、ぜひバランスをみてください。
 

まとめ

「プロでなくてもカンタンにできて読者を引き込むビジュアルの3つのヒント」を記載しました。

  1. 商品ページ(LP)で使われる写真は、同じ人が撮った写真を使う。
  2. カラー(色)は、多くても3色までに。
  3. 最後のメッセージに、顔がわかる写真を。

さて、こちらは桜がまだ残っていますが、あなたは新しいことをスタートされますか?^^
商品ページ(LP)に限らず、写真やビジュアルを効果的に活用して、理想のお客様との出会いが増えますように。

溝端マリ

写真を発信に生かしたい!と思われたら
こちらのブログ記事もご覧ください^^

写真をビジネスに活用できていない人の勘違い!?

 

 

ひとり起業家のためのセルフブランディングのヒントを、ニュースレターでも配信しています。
ニュースレターのご登録は、無料メール講座からお先にお受け取りください。
↓ ↓ ↓

マルタ島バレッタを歩く溝端マリ
【無料メール講座】
理想のお客様が自然と集まる、
ナチュラル・ブランディングのための〈写真活用〉
7つのレシピ

1日目:強いメッセージを届ける2つの要素
2日目:女性の心をぎゅっとつかむ写真の秘密
3日目:パワフルなエネルギーを写真に込める
4日目:読み手とあなたの距離が縮まる写真のヒント
5日目:共感を集めるたったひとつのポイント
6日目:あなたの想いをまっすぐに届ける写真の活用
7日目:魅せ方をステージアップさせる意味

詳細はこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)