発信にいつも一貫した軸を感じる人と、そうでない人の決定的な違い

神戸大丸の横を歩く溝端マリ

こんにちは!溝端マリです。ブランディングで、事業主様の世界観づくり・ファンづくりをサポートしています。

 

ブランディング継続プログラムにお越しになっているインテリアコーディネーターのクライアントさんに、セッション中に「この6ヵ月、どうでしたか?」と聞いてみました。すると・・・

この半年でHPが立ち上がりました!
HPを立ち上げることで言葉が決まったんです。キャッチコピーとか、プロフィールとか、商品ページとか、自分のミッションとか、それぞれの言葉が決まりました。

これ、一人では絶対できない!マリさんに言葉を組み立ててもらった感じです。HPがきっかけで、ブログを書くことの本当の意味がわかりました。ビジネスの仕組みが少しずつ見えてきたんです。

とおっしゃっていました。(掲載についてはいつも許可いただいたものだけ載せています)

「わたしは質問で引き出すだけで、言葉にしているのはご自身ですよ!」と言いましたが、「えー!作ってもらったと思っています。自分一人ではこんな言葉出てきません!」とおっしゃっていました。でも、答えはご本人さんの中にしかありませんので^^。

オフィスでPCを広げている

起業準備中の会社員の方から、起業10年未満の方や法人さんまで、いろんな方がお越しになりますが、みなさん3年先・5年先を見据えてコツコツ発信していらっしゃいます。でもブログもメルマガも、継続とはとっても地味な作業ですよね。

ビジネスそのものをやめてしまう人のほとんどは、途中で継続できなくなる人と言われますが、じゃぁ継続できる人とは、やはりそれをする「動機づけ」みたいなものを持っています。

 

誰かの発信を見ていて、「この人はなんだか、強い芯みたいなものを感じる」とか、「いつも一本、筋が通っているような軸を感じる」など、思うことありませんか。そういう人って、自然とファンが集まりますし、時間はかかったとしても共感する人が集まっていますよね。

発信にいつも一貫した軸を感じる人と、そうでない人には大きな違いがあります。

日頃の発信、それが仕事についての発信でも、プライベートな発信であったとしても、いつも一貫した軸を感じるものであるなら、それがあなたのブランディングとなって読者に伝わります。写真や言葉で伝えられるなら、それが世界観となって目に見えるものになります。
ホテルモントレ神戸の中庭

動機づけとなる「言葉」を持っていますか?

ビジネスって良くも悪くも、いろんな波がやってきますよね。あなたは乗り越えていく動機付けともなる、自分だけの「言葉」を持っていますか?ここが言葉になって自分の中で腑に落ちているなら、自分の背中を押すものになります。

ビジョンとかミッションとか理念とか、お聞きになることがあるかもしれません。他にも使命とか志とか、叶えたいことなど、色々な言い方ができるかもしれません。ビジネスで言えば、目的でありゴールかもしれません。つまり、あなたのビジネスや事業の、その先に叶えたいこと。伝えたいメッセージのことです。

このコアなメッセージは、大きいほど良いとか言う話しではないで、世中に大きく貢献したい人も、目たった一人を幸せにしたい人も、どれも素晴らしいことだと思います。
テーブルの上でPCをうつ手元

一貫した軸を感じる人と、そうでない人の違い

さて、発信にいつも一貫した軸を感じる人と、そうでない人には大きな違いがあります。なんだと思いますか?ここを意識している人の発信からは、必ず一貫性を感じますし、結果的に理想のお客様が集まるようになります。

それが、日頃の発信が、自分のコアなメッセージの延長線上にあること、です。

どういうことかというと、ビジネスや事業の、その先に伝えたいメッセージが、

  • 例えば、ずっと叶えたかった「女性の自立を応援したい」だったとしたら、今日の発信がその延長線上にあるのかどうか。
  • 例えば、自信なかった自分が自信と笑顔を取り戻したで、同じように悩む人に「自分可能性を信じることを伝えたい」だったとしたら、今日の発信がその延長線上にあるのかどうか。
  • 例えば、自分が一番苦しくて動けなかった時に救われたで、自由に生きる人を増やしたい」だったとしたら、今日の発信がその延長線上にあるのかどうか。

日頃の発信の「伝えたいこと」が、コアなメッセージの延長線上にあるものであれば、自分の軸や一貫性を感じさせるものになります。逆にもし、その写真で「伝えたいこと」が、コアなメッセージの延長線上にないのであれば、読者に一貫性を感じさせにくく、総合的に見ても伝わりにくくなります。

 

言葉だけではわかりにくいいですよね、もう少し例を出しますね。

「自分らしい働き方をつくりだし、自由に生きる人を増やす」がコアなメッセージだとします。そのために「理想のライフスタイルを考えよう」→「ライフスタイルから働き方をつくろう」→「時間と場所にとらわれない働き方をしよう」→「オンラインを活用しよう」→「自分らしい発信をしよう」→「自分と向き合っって、本当に伝えたいことを伝えよう」→「言葉に合わせて写真を活用しよう」→→→・・とメッセージが広がっていくのです。

一例で書いてみましたが、これはわたし自身が発信しているメッセージと、その展開例です。実際は、コアなメッセージが木の幹なら、他のメッセージは枝のように広がるイメージです。

 

発信に必要な写真とは、単にキレイな写真を掲載すればいい、という話しではありません。「伝えたいこと」が、あなたのコアなメッセージの延長線上にあるように、自分のメッセージの軸を持ちませんか。

あなただけのメッセージと、そこに必要なあなたならではの写真を一緒に考える、そんなワークも盛り込んでいこうと思います。一緒にやりたい方は、こちらもぜひお越しください。

自分だけの世界観をつくる
ブランディングと写真の活かし方
ワークショップ
◎2月19日(水)◎東京・恵比寿▶︎ワークショップの詳細はこちら

  • 自分だけのブランディングを 築くために必要なこと
  • 世界観をつくるメッセージを 展開する7つの質問
  • 理想のお客様が集まる写真とは?

上記3つの内容を中心に進めます。少人数のため、気になる方はお早めに。

 

写真も活用して一貫性ある魅せ方・伝え方を目指す方へ。ぜひダウンロードしてご活用ください^^
女性のお客様が自然と集まる、ブログ写真の撮り方・5つのセオリー【PDFテキスト】無料ダウンロード

写真の撮り方PDFイメージ画像

さいごに。

ブログはともかく、SNSなどはコミュニケーションツールですから、難しく考えずに気軽に発信したい、好きなものを発信したい、と決めるのももちろんありです。でも、コアなメッセージが揺るぎない言葉になっている人ほど、気軽な投稿ひとつ見ても、やはりその人の軸が感じられますし、添えられた写真を見ても同じです。

それが自分のブランディングとなり、自分だけの世界観をつくり、理想のお客様が自然と集まる要素となっていきます。

 

わたし自身は、誰もがすでに持っている強みやスキル・経験や生き方の全てを活かすことで自分だけのブランディングとなるという考えのもと、ビジョンから逆算して、「自分らしい働き方をつくりだし、自由に生きる人を増やす」を理念に掲げ活動しています。

あなたにしか伝えられないブランディングを築くヒントになれば嬉しいです。

溝端マリ
カメラを持つ溝端マリ

 

 

起業家や事業主さんへ、セルフブランディングのヒントをメールでお届けしています!
▼無料メール講座にぜひご登録ください。

マルタ島バレッタを歩く溝端マリ
【無料メール講座】
理想のお客様が自然と集まる、
ビジュアル・ブランディングのための〈写真活用〉
7つのレシピ

1日目:強いメッセージを届ける2つの要素
2日目:女性の心をぎゅっとつかむ写真の秘密
3日目:パワフルなエネルギーを写真に込める
4日目:読み手とあなたの距離が縮まる写真のヒント
5日目:共感を集めるたったひとつのポイント
6日目:あなたの想いをまっすぐに届ける写真の活用
7日目:魅せ方をステージアップさせる意味

詳細はこちら

【公式LINEアカウント】
お友達登録と同時に、「印象を整えて、理想のお客様を引き寄せる~印象バランスグラフと5つの質問ワークシート~」をプレゼントしています!ぜひお受け取りください。
LINEアイコン
▼いいなと思ったらシェアかリツイートをお願いします!